DEシリーズの枠で《ミラクル・コンタクト》や《アドバンスド・ダーク》が出たのだから、そろそろ《レベル・ソウル》も何らかの形で出そうよ

つれづれなるままにカードゲームとかを綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
優先権起動効果撤廃か……。
まぁ世間ではもう騒がれてるお話ですが。

新制限がもうすぐだーと思いきや、
今度は2011/03/19付でルール改訂が行われるらしい。

従来は召喚・反転召喚・特殊召喚成功時に
ターンプレイヤーの優先権に因ってモンスターの起動効果を発動可能だったが、
今後はそれが不可能になるとの事。

恐らくだが「召喚成功時に、自動的に相手プレイヤーに優先権が移行するのではない」と思われる。
「召喚成功時にターンプレイヤーに優先権があるが、モンスターの起動効果を使う事が不可能になり、速攻魔法・罠・モンスターの誘発即時効果(=スペルスピード2以上の効果、要はクィックエフェクト)のみ発動可能になる」
という事で良いと思う。
地味だが召喚に成功した時に発動可能なカードを自分が発動する場合や、
《超融合》や《心鎮壷のレプリカ》で相手の召喚反応罠潰す場合は重要な違いになり得る。

遊戯のルールの中でも理解に時間を要するであろう優先権関連。
遊戯のルールは複雑化し続け、ルールブックで読み取れない矛盾を多岐に含むもの。
新規参入プレイヤーを常に視野に入れなければならないし、
新規参入プレイヤーが取っ付き難いカードゲームはやっぱやりづらい。
そういう意味で、少しでも理解しやすくするのは賛成ではある。

従来も、少し前から墓地や手札の起動効果は優先権使えない裁定になってたりした。
ただそれは同じ起動効果なのに何故なのかイマイチ疑問が残った。
統一した方が良いとは思う。

ブリュを残して御用消したのも、月書制限も、神警を準制に留めたのも、すべてはこの布石か。

実際ターンプレイヤーの優先権に因って発動出来るのはスペルスピード2以上の効果ばかりで、
何故スペルスピード1の起動効果が(チェーンの最初に置く前提とはいえ)同列扱いなのかは疑問ではあった。
だが「今更過ぎた」感は否めない。

今まで優先権起動を前提にカードをデザインしてた部分はあったであろうから、ゲームバランスの懸念も大きい。
だけどこれは将来を見据えた、良いルール整備だと信じて、そう捉えるようにしたい……と思う。

しかし、モンスターの効果の分類は、
リバース効果以外も全部テキストに明記してくんないかな……と常々思う。
遊戯慣れしてなきゃテキストから効果分類は判らない。
むしろどんなに慣れても判らないものはあるのに。
遊戯のルールがややこしい理由の一つはそこにもあると思うんだけど。

……。

ついでなので続きで色々考える。
とりあえず《奈落の落とし穴》《月の書》の強さは言うまでも無い。

《落とし穴》も1:1交換で起動効果止められるのなら採用圏内かもしれない。
《デブリ・ドラゴン》《BF - 疾風のゲイル》《オネスト》《ライトロード・サモナー ルミナス》辺り落とせるのは侮れない。
特殊召喚に対応しない点が若干見劣りするけど、元々弱いカードじゃないし。

他にコストやデメリット持ちではフリーチェーンの《サンダー・ブレイク》《鳳翼の爆風》や《死者への供物》。
失うだけのコストやデメリットを、その後自力で取り返せるデッキの前提だけど。

デッキ縛る所では《ゴッドバードアタック》《デュアルスパーク》、《毒蛇の供物》《フィッシャーチャージ》。
《超融合》も今以上に使いやすくなる。
《ディメンション・マジック》も一応そうか。

《デュアルスパーク》《超融合》以外に《ヒーロー・ブラスト》もあるので、
HEROはかなり恵まれてる感じがあるね。

後は《E・HERO アブソルートZero》と《水霊術 - 「葵」》等の併用で、
実質的に召喚成功時に起動効果を撃たれる前に全体除去が可能かな。
関連記事
別窓 | 遊戯(ルール) | コメント:0 | トラックバック:0
<<緋夜スペシャルルールでいくぞ | 静寂サンクチュアリィ | 制限改訂で引っかかったカード。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 静寂サンクチュアリィ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。