DEシリーズの枠で《ミラクル・コンタクト》や《アドバンスド・ダーク》が出たのだから、そろそろ《レベル・ソウル》も何らかの形で出そうよ

つれづれなるままにカードゲームとかを綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
スタロとか反転世界とかのルール。
スターライトロードの話。

神宣や賄賂、星屑と違い、「カードの発動」は無効化しない。
無効化するのは「カードの効果」のみ。

実際、あまり差は無いのだけど……。

・『A・ジェネクス・リバイバー』等(他にあるっけ?)の条件を満たせない。
・魔法の場合、「発動」は無効化してないので、『熟練の黒魔術師』等に魔力カウンターが乗る。
・直前のチェーンに無効化したカードの効果処理が残る。(当然無効なのだが、後述

多分一番重要なのは3つ目だと思う。
特に星屑を特殊召喚する時に密接にかかわる。

・チェーン1:『大嵐』
・チェーン2:『スターライト・ロード』

逆順でスタロ処理。大嵐の効果を無効化して破壊。星屑特殊召喚。
で、さらに「チェーン1の大嵐処理を行う」。
勿論、無効化されているので実質何もする事は無い。

なのだけど、この「無効化された効果処理が残る」裁定が出ているおかげで、
「スタロで特殊召喚された星屑に対する召喚反応系罠は発動タイミングを逃す」。
簡単に言うと、スタロで出てきた星屑に激流や奈落は撃てない。撃つタイミングが存在しない。
星屑が出てきた時点ではチェーン2、つまり逆順処理の途中。
で、チェーン1の処理が続くので奈落は撃てない。

大嵐チェーンリビングに奈落が撃てないのと一緒ですね。

仮にスタロの効果が「発動を無効にする」だったら、
チェーン1の「発動が無効」になってるからチェーン2で星屑が特殊召喚されても激流撃てる。
チェーン1の処理は「発動が無効」になってると、
「チェーン1に何も無い扱いになる=星屑特殊召喚で処理が終わる」ので。
(チェーン2に賄賂を置いた場合に、「チェーン1に何も無い扱いになる=ドローで終わる=便乗トリガー満たす」裁定が出てるので恐らくそうなるはず。

スタロで出てきた星屑は自己再生しないから、
発動できれば事実上奈落が有効にもかかわらず奈落を撃つタイミングが無い。
奈落発動できれば少しは対処がラクだったんだが……。

Wikiだけでなく公式FAQにも載っていたので恐らくこの裁定で確定……なのかな。。。
たまに公式FAQの裁定も変わるけども。
いずれにせよ非常に厄介です。。。

……。

続きで最近問い合わせたルール色々。
但し、私以外に需要が無いものも多数(反転世界とか反転世界とか。

▼10/03/05
==========================================================
Q.
自分フィールド上に『E・HERO アナザー・ネオス』と
『コマンド・ナイト』が表側表示で存在しており、
『コマンド・ナイト』の永続効果により
それぞれのモンスターの攻撃力が400ポイントアップしています。
この状況で『反転世界』を発動した場合、
それぞれのモンスターの攻撃力はどうなりますか。
また、『反転世界』の効果処理後、
『コマンド・ナイト』の永続効果の影響はどうなりますか。
A.
「E・HERO アナザー・ネオス」と「コマンド・ナイト」が
存在する時に「反転世界」を発動し効果が適用された場合、
その後「コマンド・ナイト」の効果によって攻撃力はアップしません。

Q.
フィールド上に表側表示で存在する、
再度召喚する前のデュアルモンスターは
『反転世界』の効果を受けますか。
A.
通常モンスター扱いのデュアルモンスターは、
「反転世界」の効果を受けません。

Q.
フィールド上に表側表示で存在する、
再度召喚された後のデュアルモンスターは
『反転世界』の効果を受けますか。
A.
効果を得ているデュアルモンスターは効果モンスターである為、
「反転世界」の効果を受けます。

Q.
フィールド上に表側表示で存在する、
再度召喚する前のデュアルモンスターは
『絶対魔法禁止区域』の効果によって魔法効果を受けなくなりますか。
A.
「絶対魔法禁止区域」の効果が適用されている場合、
通常モンスター扱いのデュアルモンスターは、
魔法カードの効果を受けません。

Q.
フィールド上に『強化支援メカ・ヘビーウェポン』が装備された
『サイバー・エンド・ドラゴン』が存在しています。
この状態で『ブラック・ローズ・ドラゴン』の
「フィールド上のカードをすべて破壊する」効果が発動された場合、
『サイバー・エンド・ドラゴン』は
『強化支援メカ・ヘビーウェポン』によって破壊を免れる事が可能ですか。
A.
「サイバー・エンド・ドラゴン」と装備カード扱いとなっている
「強化支援メカ・ヘビーウェポン」が、
「ブラック・ローズ・ドラゴン」の効果によって同時に破壊される場合、
「サイバー・エンド・ドラゴン」は破壊されずフィールド上に残ります。

Q.
フィールド上に『ダブルツールD&C』が装備された
『パワー・ツール・ドラゴン』が存在しています。
この状態で『ブラック・ローズ・ドラゴン』の
「フィールド上のカードをすべて破壊する」効果が発動された場合、
『パワー・ツール・ドラゴン』は自身の永続効果によって装備カードを墓地に送り、
破壊を免れる事が可能ですか。
A.
「パワー・ツール・ドラゴン」と装備カードが、
「ブラック・ローズ・ドラゴン」の効果によって同時に破壊される場合、
装備魔法カードを代わりに墓地に送る事ができず
「パワー・ツール・ドラゴン」は破壊されます。

==========================================================

▼10/03/16
==========================================================
Q.
自分フィールド上に『ブラック・ガーデン』が存在しています。
自分は『サイバー・ダーク・ホーン』を召喚し、誘発効果を発動しました。
ここで
・チェーン1:『サイバー・ダーク・ホーン』
・チェーン2:『ブラック・ガーデン』
とチェーンを組み処理を行った場合、
逆順処理でチェーン2の『ブラック・ガーデン』の効果によって
『サイバー・ダーク・ホーン』の攻撃力が半分になり、
その後チェーン1の『サイバー・ダーク・ホーン』の誘発処理となりますが、
半分になった『サイバー・ダーク・ホーン』の攻撃力は
ドラゴン族モンスターを装備する事によりアップしますか。
A.
「ブラック・ガーデン」が存在する時に、
「サイバー・ダーク・ホーン」を召喚し、
「サイバー・ダーク・ホーン」の効果をチェーン1にて発動した場合、
「ブラック・ガーデン」の効果によって
「サイバー・ダーク・ホーン」の攻撃力が半分になった数値から
装備したモンスターの攻撃力分アップします。

Q.
自分フィールド上に『カトブレパスと運命の魔女』が存在しています。
相手のターンのメインフェイズ、
相手が『アーカナイト・マジシャン』のシンクロ召喚に成功しました。
この場合、相手の『アーカナイト・マジシャン』の誘発効果が
強制的に発動する為先にチェーン1に乗りますが、
自分はこれにチェーンして『カトブレパスと運命の魔女』の
誘発効果を発動する事が可能ですか。
それとも、自分が『カトブレパスと運命の魔女』の誘発効果を
発動するタイミングは訪れませんか。
A.
シンクロ召喚に成功した「アーカナイト・マジシャン」の
魔力カウンターを置く効果が発動した場合、チェーンをして
「カトブレパスと運命の魔女」の効果を発動する事ができます。

Q.
『イグザリオン・ユニバース』で攻撃宣言を行い、
起動効果をバトルフェイズに発動しました。
自身の攻撃力を400ポイントダウンし、
「守備表示モンスターを攻撃した際にもダメージを与える」効果を付加させ、
ダメージステップで『反転世界』を発動しました。
この場合『イグザリオン・ユニバース』の攻撃力が変動しても、
「守備表示モンスターを攻撃した際にもダメージを与える」効果は失われませんか。
また、エンドフェイズに攻撃力・守備力はどうなりますか。
A.
調整中

Q.
自分フィールド上に『カトブレパスと運命の魔女』が存在しています。
相手のターンのメインフェイズ、
相手が『氷結界の龍 ブリューナク』のシンクロ召喚に成功しました。
この場合、自分の『カトブレパスと運命の魔女』の誘発効果と
相手の『氷結界の龍 ブリューナク』の起動効果は
どちらを先に発動する事が可能ですか。
A.
調整中

==========================================================

▼10/03/26
==========================================================
Q.
既に表側表示で存在している『ブレイズ・キャノン』の
「炎族モンスターを墓地へ送り、フィールド上モンスターを破壊する」
効果の発動にチェーンして、
『スターダスト・ドラゴン』の誘発即時効果を発動し、効果を無効化しました。
この『スターダスト・ドラゴン』の効果にチェーンして『非常食』を発動し、
『非常食』の発動コストとして『ブレイズ・キャノン』を墓地へ送りました。
この場合、『スターダスト・ドラゴン』の効果処理時には
『ブレイズ・キャノン』が存在しません。
『ブレイズ・キャノン』の効果は
『スターダスト・ドラゴン』の効果により、無効化されますか。
また、この場合『ブレイズ・キャノン』を破壊する事に
成功していないと思われますが、
『スターダスト・ドラゴン』は
「発動を無効にし破壊する効果を適用した」
という条件を満たし、自身の誘発効果により
エンドフェイズに墓地から特殊召喚する事が可能ですか。
A.
「スターダスト・ドラゴン」の自身を特殊召喚する効果は、
自身の効果によって破壊する事ができない場合でも、
エンドフェイズ時に発動し特殊召喚する事ができます。
したがって、効果を発動した「ブレイズ・キャノン」を
「スターダスト・ドラゴン」の効果によって破壊できない場合でも、
発動した効果は無効化している為、エンドフェイズ時に
自身の効果によって「スターダスト・ドラゴン」を墓地から
特殊召喚する事ができます。

Q.
『剣闘獣ガイザレス』の特殊召喚に成功し、
相手フィールド上のカード2枚を対象に誘発効果を発動しました。
相手はチェーンして『スターライト・ロード』を発動しました。
自分はチェーンして『ゴッドバードアタック』を発動し、
『剣闘獣ガイザレス』を発動コストとしてリリースしました。
この場合、『スターライト・ロード』の効果処理時には
『剣闘獣ガイザレス』が存在しません。
『剣闘獣ガイザレス』の効果は
『スターライト・ロード』の効果により、無効化されますか。
また、この場合『剣闘獣ガイザレス』を破壊する事に
成功していないと思われますが、
『スターライト・ロード』の効果により
『スターダスト・ドラゴン』を特殊召喚する事は可能ですか。
A.
調整中

Q.
・『サイバー・ダーク・ホーン』
・『トラックロイド』
・『D-HERO Bloo-D』
これらのモンスターの攻撃力がアップする効果は、
モンスターを装備している限り適用される永続効果ですか。
それとも、モンスターを装備する誘発効果や起動効果の一部であり、
モンスターを装備する効果の処理時に、
同時に攻撃力アップの処理が含まれている扱いなのですか。
A.
「トラックロイド」の、装備しているモンスターの
攻撃力分アップする効果の種別は、永続効果となります。
なお、「サイバー・ダーク・ホーン」や「D-HERO Bloo-D」の
自身の攻撃力をアップさせる効果は、
モンスター1体を装備する効果の一連の処理として行います。

==========================================================

▼10/03/26
==========================================================
Q.
『反転世界』の効果を受けた『邪神アバター』は
自身の永続効果によって攻撃力・守備力が変動しますか。
A.
「邪神アバター」が存在する時に「反転世界」を発動した場合、
「邪神アバター」の攻撃力・守備力は、
「反転世界」の効果処理後に「邪神アバター」を除く
攻撃力が一番高いモンスターの数値+100ポイントになります。

Q.
『反転世界』の効果を受けた『コマンド・ナイト』が存在しています。
この『コマンド・ナイト』は
自身の永続効果により攻撃力がアップしますか。
また、この状況で後から戦士族モンスターを新たに召喚した場合、
その戦士族モンスターの攻撃力は
『コマンド・ナイト』の永続効果によりアップしますか。
A.
「コマンド・ナイト」の攻撃力が自身の効果によってアップしている時に
「反転世界」を発動した場合、「コマンド・ナイト」の攻撃力は1900となります。
なお、その後他の戦士族モンスターを召喚した場合の攻撃力につきましては、
遊戯王OCG事務局から制作担当部署へ(ry つまり調整中

Q.
『反転世界』の効果を受けた『D-HERO Bloo-D』が
自身の起動効果によりモンスターを装備しました。
『D-HERO Bloo-D』の攻撃力はアップしますか。
A.
調整中

Q.
『反転世界』の効果を受けた『トラックロイド』が
モンスターを戦闘で破壊し、
そのモンスターを自身の誘発効果により装備しました。
『トラックロイド』の攻撃力はアップしますか。
A.
調整中

Q.
『イグザリオン・ユニバース』で攻撃宣言を行い、
起動効果をバトルフェイズに発動しました。
自身の攻撃力を400ポイントダウンし、
「守備表示モンスターを攻撃した際にも戦闘ダメージを与える」
効果を付加させ、
ダメージステップで『反転世界』を発動しました。
この場合『イグザリオン・ユニバース』の攻撃力が変動しても、
「守備表示モンスターを攻撃した際にも戦闘ダメージを与える」
効果は失われませんか。
A.
調整中

Q.
『イグザリオン・ユニバース』で攻撃宣言を行い、
起動効果をバトルフェイズに発動しました。
自身の攻撃力を400ポイントダウンし、
「守備表示モンスターを攻撃した際にも戦闘ダメージを与える」
効果を付加させ、
ダメージステップで『反転世界』を発動しました。
この状態でエンドフェイズが訪れた場合、
『イグザリオン・ユニバース』の攻撃力・守備力はどうなりますか。
A.
調整中

==========================================================


反転世界関連の調整中が多すぎて笑うしかない。

とりあえず基本的なところ(デュアルとか)は結構前に問い合わせてたんですが、
その時点でブログに載せるとネタがバレるので自分の中で温めてました。


>魔法禁止区域+デュアル
恩恵受けられるんだ。微妙な書き方だからどっちかなぁと。
何気に面白いデッキが組めるかも、と思ったけどスーペルヴィスが使えないのね。。。
デュアルスパークはコストだから撃てる。

>ユニオンとパワーツール
トニ~さんからこの前聞いて、
「そんな統一性無い回答マジなの?」と思ってWiki見たらその通りで、
それでも納得が行かなくて問い合わせたらやっぱりそうだった。
強制と任意の違い? どうも原理が解らない。。。

>サイバーダーク+黒庭
サイバーダークって永続効果じゃね?
ゲイルや黒庭や反転世界後の自身の永続効果って適用されなくね?
じゃあ黒庭サイバーダークってもしかして無理なんじゃ?
……可能裁定でした。
ここから、「じゃあサイバーダークって永続効果じゃないのか?」という疑問が。

>カトブレパス
そろそろ裁定確定してください。
ってかこのカード使う上での最重要項目でしょこれ。
類似カードのナチュルホーストニードルは、
「誘発即時効果なので優先権潰せない」裁定が出たとかなんとかWikiに書いてあったけど。
……これって、誘発即時なん?

>星屑で破壊できなかった場合
破壊できないと自己再生しないのかなー、とか。
破壊できなくても無効化さえすれば自己再生するんですね。

>スタロで破壊できなかった場合
多分今回の問い合わせで最重要。
こっちの方が星屑よりありえそうなのに調整中って凄く困るorz
どうなんだろこれ。。。
最近のカードで2つ以上の処理を行うカードって、
一方の処理が行えないともう片方も不発……ってのが多いイメージはあるけども。。。
でも効果の無効化はしてるんだよなぁ。

>サイバーダーク、トラックロイド、青Dの効果分類
トラックロイドだけ違うとかやめてください。
サイバーダークはやっぱり永続効果ではなく、
ドラゴン装備時に一度だけ上がる誘発効果のようです。
とはいえ、自身の効果であるならば、
一度だけの効果であっても収縮等でリセットされない裁定に最近なった模様(?)なので、
実際差異はほとんど無い気がしますけども。
そして青Dもそうだとは知らなかった。

>アバターと反転世界
神だから例外?
や、このカードは「いかなる場合でも最後に計算する」裁定だから、
要は反転世界を受けても再計算するタイミングがあるって事なんでしょうけども。

>反転世界+コマナイ
ダメだ反転デッキでコマナイ使えないorz
後から召喚した場合に調整中とか意味解らん。。。
コマナイ自身やその時点で存在する戦士に適用されてなくても
コマナイの効果自体が無効になってるわけじゃないんだから、
後から召喚された戦士には適用されるのが自然だと思うんだが……。

>反転世界+青D
サイバーダーク+黒庭の裁定に倣えば、
600(守備力の数値)+装備モンスター分アップでいいと思うんですけども。
サイバーダーク同様に、攻撃力上昇の効果は装備効果の一端に含まれてるわけだし。

>反転世界+トラックロイド
もしアップしたら結構相性いいカード。
だけど永続効果裁定だと望み薄いなぁ。

>反転世界+イグザ
再確認。
もしかしたら2つの質問を同時に投げたから複雑さ故に調整中と返されたのであって、
別々に投げたらどっちかは回答が来るのでは?
……両方調整中でしたorz
1900で貫通効果消えない、
エンドフェイズになっても1900/1400のまま、
でいいと思うのだけど何が問題なのでしょうか。

……単に誰も反転世界使わないからルール定まってないんじゃね、とか思ってしまう(笑
関連記事
別窓 | 遊戯(ルール) | コメント:0 | トラックバック:0
<<剣闘って難しいなぁ。 | 静寂サンクチュアリィ | 全く予想もしなかった、黄泉入手。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 静寂サンクチュアリィ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。