DEシリーズの枠で《ミラクル・コンタクト》や《アドバンスド・ダーク》が出たのだから、そろそろ《レベル・ソウル》も何らかの形で出そうよ

つれづれなるままにカードゲームとかを綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
星屑龍と光闇竜のどこが違うんだよー。
・『メンタルマスター』
自身はリリースできない


・『スターダスト・ドラゴン』
表側表示から起動される効果も無効にできる


……マジですか?

そういう裁定で決まっていたのなら最初からテキストに書いてほしい。
『スターダスト・ドラゴン』はともかく、『メンタルマスター』なんて「このカード以外の」って書くだけじゃないか。。。
テキストに書けないなら、既存のカードと矛盾するような裁定を出すのは止めてほしい。
『スターダスト・ドラゴン』は表側表示からの起動を無効にして『光と闇の竜』は表側表示からの起動は無効にできないって、ねぇ……。
というか、『スターダスト・ドラゴン』の裁定はおかしいよね。
表側表示からの起動を無効にできないのはカウンター系統効果の原則だと思うんだけど。

前パックの『ミラクル・フリッパー』の時も呆れたが
(1kill抑止の為の苦肉の策だと思うが、1killに使えるのはどう考えても明白だったはず)、
お願いだからテキストで判別できる裁定を出してほしいもの。
関連記事
別窓 | 遊戯(ルール) | コメント:2 | トラックバック:0
<<6連でストップ。 | 静寂サンクチュアリィ | 星屑高いな……。>>
この記事のコメント
《メンタルマスター》については《イレカエル》と《Lonefire Blossom》との違いから『一応』説明は付きます。
《Lonefire Blossom》と《イレカエル》は『自分フィールド上に《存在する》モンスター(or植物族)一体を生け贄に捧げる』に比べ《メンタルマスター》は『自分フィールド上のサイキック族モンスター1体をリリースして発動する』

となり、《存在する》の一文の違いかと(wikiでは《Lonefire Blossom》の訳で《存在する》の一文無いですが、一応公式であるマスターガイド2の訳では存在したので)

《スターダスト・ドラゴン》は『カードの発動を無効にする』と『リリースすることでその発動を無効にし破壊する』の違いかと・・・

まぁ確かに一文入れればいい問題ではありますが、その辺りはマスターガイド2で代表(自分)の名前思いっきり誤植する会社ですしw
2008-04-23 Wed 19:08 | URL | ゆき #lBjgiGYA[ 内容変更]
>ゆきさん
>>《メンタルマスター》については《イレカエル》と《Lonefire Blossom》との違いから『一応』説明は付きます。
そ、そんな微妙な違いがあったんですか!(汗
「存在する」があるかどうか、ですか……なるほど。

>>《スターダスト・ドラゴン》は『カードの発動を無効にする』と『リリースすることでその発動を無効にし破壊する』の違いかと・・・
「カードの」発動となってないから効果の発動も無効にできる……という事ですかね。

>>まぁ確かに一文入れればいい問題ではありますが、その辺りはマスターガイド2で代表(自分)の名前思いっきり誤植する会社ですしw
ちょw
マスターガイド2買ってないんですがそんな重大な誤植してるんですかw

ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m
しかし、一文の有無で裁定が変わってしまうなんてやはりコナミクオリt(ry
2008-04-25 Fri 02:24 | URL | みずき #vzxnpeRg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 静寂サンクチュアリィ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。