DEシリーズの枠で《ミラクル・コンタクト》や《アドバンスド・ダーク》が出たのだから、そろそろ《レベル・ソウル》も何らかの形で出そうよ

つれづれなるままにカードゲームとかを綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
私が一番腹を立てているのは、本当は他人にじゃない。自分自身だ。
まずは、トワイライトさんのご指摘通りです……。

昨日の記事について、シルフィさんに謝らなければいけないでしょう……。

シルフィさん、ごめんなさい……。

改めて文章を見直しましたが、私は相当……どころか、凄まじく失礼な事を書いた。

私は、どうかしていました……。

本当に申し訳無いです……。

そして指摘してくださったトワイライトさん、ありがとうございます……。

シルフィさんに、

トワイライトさんに、

昨日の記事を見て気分を害したすべての人に、

心よりお詫び申し上げたいです……。

本当に、本当に申し訳ありませんでした……。

……。

……。

……長くなるので続きで書きますね。

……。

……。

私は自分を見失っていた。

原因は、幾度も言う通りあまりの制限改定の酷さ。

そして……

それに喚くシルフィさんを見て……

一時の感情で、あんな文章を書いた。

一時の感情でブログを書くなんて、それも人を傷つけるような事を書くなんて、言語道断、論外。

これに関しては弁解の余地が無い。

完全に私の落ち度。

本当に申し訳無いと思っている。

ごめんなさい……。

……。

……。

ただこのままだと誤解を招きかねないので、これだけは弁解させてほしい。

まず、シルフィさんは、人を「三流」だとか「雑魚」だとか見下したり、カジュアルプレイヤーを否定したりするような人間では絶対無い。

いつも誰に対してもリスペクト精神を忘れず、勝つデュエルと楽しむデュエルの両方を場面に応じて心がける事のできるプレイヤーだ。

そして、

私は、決してシルフィさんが嫌いなわけじゃない。

そんな事、あるはずない。

だって、

私の事を誰よりも理解してくれ、また理解しようと努力してくれたのが、彼だから。

色々と多大な問題のある私に対しても分け隔てなく接してくれたのが、彼だから。

未熟なプレイヤーである私に対しても、いつも最高のデッキで真剣勝負を挑んでくれたのが、彼だから。

誰よりも趣味が合って、一番身近にいる尊敬できるプレイヤーが、彼だから。

今更遅いかもしれないし、

薄っぺらい言葉だけど、

私は彼をかけがえのない本当に本当に大切な友人だと思っている。

……だからこそ、私はシルフィさんに、彼の優しさに、甘えた。

身内だから多少酷い事書いても許されるだろうとか、

多少傷つけたってあとで取り返せるだろうとか、

私の辛い気持ちを理解してくれるだろうとか、

どこかで、そういう……甘い考えがあった。

辛いのは、シルフィさんだって同じなのに。

同じどころか、もしかしたら私よりずっとずっと辛いはずなのに。

私はその辛さを汲もうとも理解しようともせず、

ただ感情のまま彼に八つ当たりした。

その結果が昨日の記事。

……。

……。

私が一番……本当に腹を立てているのは、シルフィさんに対してじゃない。

本当に腹を立てている存在は、ふたつ。

ひとつは、しつこいけれど、遊戯の新環境。

資産ゲー抑止を期待してたのに、その期待を大幅に裏切られた。

もうひとつは、

他の誰でもない、自分自身に対して。

環境を受け入れられない自分。

プロモがあっても勝てない自分。

そして、シルフィさんの力になれない自分。

自分が弱くて、惨めで、すごくちっぽけに思えた。

自分にものすごく腹が立っていた。

私はどこかで自分を責め、嘲笑い、否定しなければ生きていけない人間。

自分を傷つけたかった。

そんな時、シルフィさんの姿が見えて……

自嘲的になるあまり、私は彼がブログで発した言葉を、

方向を変え、異常なまでに誇大解釈して、使った。

私が貶めたかったのはシルフィさんじゃない。

他の誰でもない、自分自身……。

……。

……。

そして、私は自分を傷つけたいという思いの他に、もうひとつ……

矛盾するようだけど、

自分を傷つけると同時に……どこかで、自分の辛さ、自分への腹立たしさから逃げたかった。

私はシルフィさんに八つ当たりする事で、

自分への腹立たしさを紛らわし、ごまかそうとした。

シルフィさんを否定する事で、彼の力になれない現実から無理矢理目を逸らそうとした。

シルフィさんの事なんて、理解しようともせずに……。

……。

……。

人を否定するのは、簡単。

でも人を認める事は、とても難しい。

人の信頼を失うのは、簡単。

でも人の信頼を得る事は、とても難しい。

私は、それが理解できていなかったな……。

本当、最低だな、私って……。

自分自身の一時の感情の為に、本当に大切なものを犠牲にしたんだから……。

もう……シルフィさんに今までのように接してもらえなくなっても、何も返す言葉は無い……。

……本当に、ごめんなさい……。
関連記事
別窓 | 雑記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<喧嘩したわけじゃないんだよ。 | 静寂サンクチュアリィ | 私は彼の期待には応えられなかったんだと思う。>>
この記事のコメント
状況は、よくわかりませんが・・・
そんなに深く気にしなくても良いのでは?

そもそもこのゲームにおいて未熟なプレイヤーと上手いプレイヤーの差も曖昧な気もしますしねー。

新制限も、半年も待てば大幅規制されますよー
きっと!
2008-02-23 Sat 02:46 | URL | かいじ #-[ 内容変更]
>かいじさん
深く……気にしてしまうのは、私の性格ですorz
一回沈むと、なかなか上がってこれないんですよね……。
これは、良くないとは思ってるんですけどね……。

半年後には色々なパワーカードが規制される事を祈るばかりです;;
2008-02-24 Sun 00:21 | URL | みずき #vzxnpeRg[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 静寂サンクチュアリィ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。