DEシリーズの枠で《ミラクル・コンタクト》や《アドバンスド・ダーク》が出たのだから、そろそろ《レベル・ソウル》も何らかの形で出そうよ

つれづれなるままにカードゲームとかを綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
本当に最近の動向は読めないわ……。
開闢復帰から暫く経って、6年振りの開闢にもまぁ慣れてはきましたこんにちは。

正直な所、パワーカードだね。すげーパワーカードだとは思う。
ただ、パワーカードだけど、何かもっともっと凄まじく理不尽だと思ってた。

何だろう。

今の時代に「開闢1枚だけ」で終わる場面って、他のカードでも大抵終わる。
トリシュやブリュ、ダムドやヒュペと違って、「開闢1枚にバックを飛ばされて殴られる」って事は無い。

昔のように開闢1枚に依存したら引く前に終わる事も多いし、そもそも引けても召喚しても止められる場面自体は増えてる。
……単体での脅威は減ってるんだよね。

とはいえこれは「開闢単体」での話。「開闢+α」になると話が変わる。
相手のバックを容易に剥がせるデッキ、他に同等レベルを大量に展開出来るデッキ。
開闢が無くても何等問題無く強力な動きをするデッキが、開闢を引いた時に決定打として出して来るのはとても脅威。

そう考えるとやっぱり恐ろしいカードだとつくづく思う今日この頃。

……。

それにしても最近はパワカの緩和多いね。
昔だったら不思議な感じもするカードが禁止になってる一方で、
昔だったら考えられないようなカードが戻って来てたりもする。

一応古くからやってる(ガチにはやってないが)プレイヤーとしては妙な感じはするよ。

次に帰って来るの何だろうね、って事でちょっと考えてみよう。

本当に最近の動向は読めないわ……。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 遊戯 | コメント:0 | トラックバック:0
| 静寂サンクチュアリィ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。